日本で大切にしたい会社  ~鎌倉投信~


鎌倉投信 ~幸せが広がる!まごころの金融~

『日本に必要で大切な金融会社』

http://www.kamakuraim.jp/

『投資はまごころであり、

金融はまごころの循環』

 

これが鎌倉投信の投資哲学です。

 

創業した鎌田社長は2008年1月に当時副社長を務めていた某大手外資系の運用会社を辞めました。

 

マネーゲームによる世界的な金融・経済危機で強欲な投機の末路を目の当たりにしました。

お金が短期な利益を求めて世界中をうごめく様をみて。

 

『こんなことが永続するはずない』

『金融は世のため人のためになっているのだろうか?

 

そんな想いから。

『まごころの込もったお金には社会を変える力がある』

『まごころのある投資信託を創ろう』

 

そんな想いから4人で鎌倉投信を立ち上げました。

 

‘誰のために?’‘何のために?’この事業をやるのかをメンバーで徹底的に議論し、次の結論に至ったのです。

 

〇満期がない『投資信託』を通じて、長期的な視野に立って投資家の資産形成と社会の継続的な発展に貢献する。





〇誰でも少額から参加できる『公募』を通じて、何万人という多くの人に‘お金’や‘投資’、「いい会社」に関心をもっていただく。





〇顔の見える(銀行や証券会社を一切介在させない)『直売』を通じて鎌倉投信と投資家、更に投資先の『いい会社』とが信頼で結ばれる関係をつくる。





つまり、『多くの人との‘顔の見える関係性’のなかで、小さくても‘信頼に根差したお金の循環’を‘長い時間’をかけて地味に創って行く』ということです。

 

鎌倉投信は、

100年続く投資信託で

300年続く『いい会社』

を応援したいと本気で考えています。

 

『いい会社をふやしましょう!』

が鎌倉投信の合い言葉です。

 

 

『いい会社』とは!?

 

規模の大小や、上場の有無は関係ありません。

 

『これからの日本に必要とされる会社』

※本業をもって社会問題を解決しようとする会社。





『社員とその家族、取引先、御客、消費者、地域社会、自然、環境、株主などを大切にし、持続的で豊かな社会を醸成できる会社になろうと経営努力をしている会社』

※その会社の係わるすべてのステークホルダー(地球を含めた広義の利害関係者‘地球と係るすべての人’)が幸せになれるよな経営資源の配分をおこなう会社のことです。

とりわけ株主利益に偏った経営をしない会社です。

 

鎌倉投信はこの二つをクリアしようとしている会社を『いい会社』と定義しています。

 

『いい会社』の選定基準は

【人・共生・匠】

 

【人】

〇社員を大切にする。

〇障碍者・高齢者。女性雇用に強みがある会社。

〇社員のモチベーションが高い会社。





【共生】

〇循環型会社創造型の会社

〇第一次産業で革新的な会社

〇地域を大切にする会社





【匠】

〇匠と呼べる技術・サービスをもった会社

〇変化し続ける会社

〇グローバルにニッチな会社

 

です。

 

こんな会社があるの!?っと思われる人もいると思います。

しかし、日本には『いい会社』は知らないだけで多くあり、

鎌倉投信はそんな『いい会社』に投資しています。

 

『いい会社』をふやす仕組みをつくってくれました。

 

 

利益だけしか見ていない金融は多くありますが。

『いい会社』をふやそうとしてくれる会社は少ないです。

 

 

投資なのでリスクはあります。

 

でも、今の時代は銀行だって国だってリスクはあります。

 

銀行(いい銀行はあります。)や国にお金を預けても良くはしてくれないと思う。

『戦争はNO』は言葉じゃなくおカネで を見て下さい☆

http://babysteps-kuma.hippy.jp/?p=31

 

それだったら、自分のお金が社会に貢献し、長期ではあるが増えて返ってきたら嬉しいと思いませんか?

 

鎌倉投信は日本で大切にしたい会社です。

 

自分のお金を預けて『いい会社』をふやして

いい未来を一緒につくっていこう☆(^O^)/

 

 

日本はとても素晴らしい国です☆後は私たち国民の『いい選択と行動』をするだけです♪

 

『歴史上最高の時代』をつくるのに必要なのは

日本にすべてあります。

 

 

たったそれだけで『歴史上最高の時代』ができるのは

私たちはいい時代です☆

 

『いい選択と行動』をしていい未来を共につくろう♪

ヾ(@^▽^@)ノ

 

鎌倉投信 ~幸せが広がる!まごころの金融~

『日本に必要で大切な金融会社』

http://www.kamakuraim.jp/