子ども兵の現状 ~戦争の根本原因って何だろう?~ 最終


いつも支えて頂きありがとうございます。

1%運動の熊澤です。

 

今日は今、起きてる現状を知ろう。

 

今起きてる現状を知らなければ

自分の環境が良くはならないと思う。

 

その為に現状を知ることは大事だと思う。

 

今日は私たちに凄くかかわりのある

子ども兵の話をしたいです。

 



ぼくは13歳 職業、兵士。―あなたが戦争のある村で生まれたら

鬼丸 昌也

の本から紹介したいと思います。

 

 

【戦争の根本原因って何だろう?】

 

ミヤラッチさんというセルビア人の元兵士の彼に

 

『戦争の原因っていったい何だろう?』っと問いかけたら

 

彼が

『戦争の原因を知りたければ、【誰が得をしたか】

考えてみれば、その答えがわかる』っと言いました。

 

また『ユーゴ粉争の原因を民族や宗教の違いと決め付ける

人は多いが、【民族の違い】というのは戦争の原因ではなく結果なんだ。』

 

『経済的な利益を得るために戦争したいと思う人たちに

よって、【民族の違い】があおられ、分離させられ、

その結果、民族間の紛争が続いている。』

 

『結局、紛争で得をしたのは、私たちセルビア人でもなければ敵のクロアチア人でもなく。』

 

『さらに、私たちの国に空爆したNATO軍の兵士でもなく。』

 

『得をしたのは、ごく一部の権力者と私たち兵士が

使う武器や戦闘機を売って莫大なお金を儲けた

軍事産業、そして戦争の後にビジネスにやってくる

欧米の企業なんだ。』

 

『戦争というのは石油や利害が絡んでいるもんだ。』

 

『これが戦争の原因だと私は思っている。』

 

 

【子ども兵や小型武器がなくならない理由】

 

①子ども兵や小型武器の国際的、国内的な

規制が不十分であること。

 

②主に先進国や大国が武器を生産し、

経済的に利益を得ていること。

そして、それを紛争当事国がかっていること。

 

③石油やダイヤモンドなどの資源を獲得するために

紛争が続いてあり、そのような紛争には小型武器が

たくさん使われていること。

そして、その資源を豊かな人々が大量消費していること。

 

④グローバルな経済活動の結果、貧富の格差、

社会的な不公平が拡大して、それが社会的な

不安や紛争の原因になっていること。

 

 

○とても本質を得ている事だと思う。\(゜□゜)/

 

何を見るにも誰が得をしたか!?

 

 

ここを見ていくと原因に行きつく。

 

 

そして、そこにお金が流れていては問題解決は

出来ない。

 

 

私たちが預けてるお金が銀行や郵便局から

戦争をつくる人達に流れてしまっている。

※健全な銀行もあります。

 

 

お金の流れを変えれば世界が変わる!!

 

 

全ての本質をここだと思う。

 

 

そして、それは誰でもできる!!子どもでもできる事!!

 

1%運動

~お金の流れが変われば世界が変わる~

http://1percentmovement.jimdo.com/

があります。

 

僕は子ども兵がなくなる時代が

来ると思っています。

 

何故なら、

 

『この時代の人達は

誇り高き素晴らしい人達だから』

※誇り高いとは!?

大人として責任ある生き方をする。

それは次の世代に良い環境を渡す行動をする。

 

僕は信じています。(‐^▽^‐)