『戦争NO』は言葉じゃなくおカネで


いつも支えて頂きありがとうございます。

『ベイビーステップ』の熊澤です。

 

今日は今起きてる現状を知ろう。

 

今起きてる現状を知らなければ

自分の環境が良くはならないと思う。

 

その為に現状を知ることは大事だと思う。

 

大きな問題である戦争について話したいです。

 

戦争の無くすには戦争を起こしてる根本を変えなければなくなる事はない。

 

じゃー戦争の根本はなにか?

 

『米国の軍事費を日本が負担している』

 

世界の総軍事費は2006年に最高記録をだし、120兆円を超えました。

 

そのうちの約50兆円が米国一国が使っています。

 

米国はそれほどゆとりがあるのか?

 

しかし、米国は財政赤字は(国の支出と税収の差額)約33兆円です。

 

とても50兆円の軍事費を出すゆとりがありません。

 

そこで米国は米国債を発行して、世界中からお金を集めて

武器や爆薬を買いイラクやアフガニスタンなどで戦争を起こしているのです。

 

日本は米国債を一番買っています。※約67兆円

 

しかし、日本も国家財政は赤字です。

 

では日本はどこからおカネを調達してるのか!?

 

日本も国債を発行してお金を集めています。※日本銀行が購入してます。

 

2006年では日本の国債発行額は約828兆円で約1割が米国債の購入に使われています。

 

日本銀行の統計では国内銀行への預金額は約532兆円で国債購入額は92兆円です。

 

預金の6分1が国際購入に使われています。

仮に30万円を銀行に預けたら6分1の5万円を日本国債購入に使われ、

その5万円の10%の5千円を米国債購入に使われてしまiいます。

 

米国の予算の20%が軍事費に使われるので

私たちが銀行に30万円を預けると3%の1000円が

戦争の為に使われてしまします。

 

流れとして!!

 

私たちの貯金⇒日本国債⇒米国債⇒戦争

 

このように私たちは戦争をつくる手伝いをしているのです。

 

また、それだけではなく軍需産業には日本の誰もが知っている大企業が世界ランキングベスト100位に沢山入っていて誰もが知ってる電気機器メーカーも並びます。

 

こちら

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8D%E9%9C%80%E7%94%A3%E6%A5%AD#.E4.B8.8A.E4.BD.8D100.E7.A4.BE

 

これらの軍需産業は私たちがおカネを預けた銀行から融資を受けて経営させれます。

 

最近では日本のメガバンク3行はがそれぞれ100億円を海外でクラスター爆弾製造関連企業に融資をしてるのがわかりました。

 

クラスター爆弾の98%が非戦闘員であり、そのうちの27%が子どもです。

 

このように私たちが『戦争はよくない』『手を貸したくない』と思っても、

私たちの預貯金は軍事予算や軍需産業に流れて戦争が遂行されているのです。

 

ではどうしたらいいのか!?

 

『戦争に流れるおカネ』を

『助け合いうおカネ』に

 

 

ヨーロッパでは『兵器産業に融資しない』『環境・社会に貢献する企業・事業のみに融資する』という経営方針をもった『社会的銀行(ソーシャルバンク)』が多数設立しています。※これを健全な銀行といいます。

 

イギリスの生協銀行やオランダのトリオドス銀行などが有名です。

 

ベルギーでは銀行から兵器産業におカネが流れるのを反対するキャンペーンを展開して、2004年に『地雷の生産・利用・在庫管理をおこなう企業への投資の禁20止法令』が国会で可決されました。

国内の5大銀行はその方針に従って4大兵器(クラスター爆弾・地雷・核兵器・ウラニウム兵器)製造企業には融資を中止しました。

 

もし、戦争に流れる120兆円のおカネが人々が助け合う為に使われたら、とてもいいと思えませんか?

 

日本でもソーシャルバンクがあり、『未来バンク』などがあるのでソーシャルバンクを見つけたらそこにおカネを預けるだけでも違います。

 

お金の流れを変えれば世界が変わる!!

全ての本質をここだと思う。

そして、それは誰でもできる!!子どもでもできる事!!

 

1%運動

~お金の流れが変われば世界が変わる~

http://1percentmovement.jimdo.com/

があります。

 



よく『自分一人が動いても変わらんない』と思う人が居ます。

※僕もそう思っていた。

 

でも、大事なのは自分が戦争の手伝いをするのか?

って事だと思います。

 

結果は環境に左右しますが

自分の生き方は100%自分で選んでいます。

 

先ずは自分から変わる事が大事だと思います。

 

僕は少しずつおカネの流れを変えていきます。

 

僕は子どもや孫に誇れる生き方をしたいから☆

 

 

僕は戦争がなくなる時代が

来ると思っています。

 

何故なら、

 

『この時代の人達は

誇り高き素晴らしい人達だから』

※誇り高いとは!?

大人として責任ある生き方をする。

それは次の世代に良い環境を渡す行動をする。

 

僕は信じています。(‐^▽^‐)

 

※田中優さんの『おカネで世界を変える30の方法』を参考にさせてもらっています。

現状問題を明確にしただけではなく、改善する明確な方法を出してる本です。