「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」ダメ営業マンからトップへ 大逆転のドラマ 10/19


何時も支えて頂きありがとうございます。

『ベイビーステップ』の熊澤です。

今回は日テレ「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」を

紹介したいと思います。

 

何時も支えて頂きありがとうございます。
『ベイビーステップ』の熊澤です。


 

今回は日テレ「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」を
紹介したいと思います。


 

 

この番組で出て来るストーリーは素敵な事を成し遂げた
感動ストーリーです。

 

そこから学ぶ事が多くあり、
見てくれた人の人生に役に立てたらと想いと
素晴らしい番組が続いてもらいたい想いで
書かいています。

 

 

【心ゆさぶるトゥルーストーリー】

発想を変えるって、大切です☆

 

住宅販売の実績で全国トップにも輝いた菊原智明さん…。

営業の指南書はゆうに30冊を越えます。
でも、初めは全く売れないダメ営業マン。

態度だって最低でした。 いきなりセールストーク全開で、

スグにお客に嫌がられる。 ついたあだ名が「5分帰しの菊原」です。
少しのイジワルが気づかせてくれた、お客様の本音とは?

そんなセールスマンがクビ寸前で掴んだ大逆転劇。

教えてあげる☆(*^▽^*)

 

 

1995年

住宅メーカーに入社し与えられた仕事は営業でした。

展示場で先ずはお客さんにアンケート。

その後、訪問して家を販売。

ところが全然売れません。。。

お客さんが展示場に入ると。

 

菊原智明さん

『良い雰囲気ですよね。

それにお部屋凄く広く感じません?』

 

っと、すぐにセールストークでお客さんに嫌がれ帰ってしまう。

ついたあだ名は「5分帰しの菊原」です。

 

1年たっても、2年たっても売れないんだなぁ~。。。

 

菊原智明さん

『ぜひ私に夢のマイホームの手伝いをさせて下さい。』

 

お客さん

『検討させてください』っと逃げるように帰ってしまう。

耳障りな良い売り文句を懸命に繰り出すものの。。

 

お客さん

『結構です』

 

 

ビジネスモノの本をさんざん読んだけど。。。

成果はまったく上がりません。。。。

しまいには外回りと偽ってサボるように。。。

そんな日々が七年あまり。。

さすがに上司からのプレッシャーに

身も心もズタズタ。。。(x_x;)

 

 

ある日の事

後輩が担当したお客さんが来店してきました。

あいにく後輩は不在。

 

その時悪魔が囁いたんです。。。

 

『後輩に契約を取られたら立場かないぞ!』

(`Δ´)

この商談ぶち壊してやる!!

 

お客さん

『この障壁はこれにしようと思っているんです。』

 

菊原智明さん

『ここだけの話。。全然効果ないんですよ。』

 

お客さん

え!(@ ̄Д ̄@;)

 

ワザと事実のネガティブな情報を言ってやりました。

 

お客さん

『え~と、フローリングの素材なんですけど

お勧めのこれにしようかなと』

 

菊原智明さん

『それ選んじゃいました!?

その素材、傷が目立っちゃうですよね!』

 

しめしめ。。。

これで契約はおじゃんに。。。(^~^)

っと、思ったその時!

 

お客さん

『ここまで悪い事をハッキリ言ってくれた

営業マンは初めてだ!』

『本音を言ってくれてありがとうございます。』

奥さん

『ねえ、担当この人が良かったんじゃない?』

 

 

菊原智明さん

は~~~!?( ̄□ ̄;)!!

 

 

 

その夜突如始めたのは魔のチラシ作りです。

苦情や失敗例を密かにチラシにし

お客さんに郵送したのです。

この方が契約が取れるかもしれない。

 

○図面で見るより部屋が狭い!

○ペアガラスなのに結露する!

○リビングの上を吹抜にしたら二階の部屋の音が響いてうるさい!

 

数ヶ月後

やがてチラシを見たお客さんが乗り込んで来ました。

 

 

お客さん

『これを送って来たのは君かね!?』

 

菊原智明さん

『私です。』

 

 

お客さん

『こんな事が本当に起きるのかね?』

 

菊原智明さん

『まあ~』(^▽^;)

 

お客さん

『話を聞かせて欲しい』

 

 

菊原智明さんやそこに居た社員全員

え!(@ ̄Д ̄@;)

 

っと、耳を疑ういました。

お客さんから求められたのは初めてだから。。。

それまでは耳障りな売り文句のオンパレード。。。。

だけど、考えてみれば家を買うのは

一生に一度の決断です。

そうか!ヾ(@^▽^@)ノ

 

 

【化学反応】

 

 

過去の失敗や商品のマイナス面!!

包み隠さず伝えればいい!!!

そして押し売りしない。

弱点をさらしできない事はできないと良う。

時には他社を紹介することもありました。

 

 

その結果!

 

お客さん

『ま~なんとか宜しく頼むよ。』

菊原智明さん

『宜しくお願いします。』

 

いくらキレイごとを並べても取れなかった契約が

ついに成立したんです☆(≧▽≦)

 

 

その後、菊原智明さんは四年連続で社内トップ

という驚異的な売り上げを達成。

今では営業マンが教える『営業の授業』が評判に。

売る事の喜びを伝えてます。

そんなお話☆

(≧▽≦)

 

切っ掛けはともかく、

ありのままを出すのは良いと思う。

それが信用にもなるし、

そこでお客さんが選べばいい。

価値は人それぞれだから☆

商売の大事な事ですね♪

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:





ゲストの言葉

『他人の時計を見るな』

劇団四季 青山 弥生

※できる人はすぐにできるんです。私は不器用で遅かったので

周りとは時間はまったく違う。