日本で大切にしたい会社 ~日本理化学工業株式会社~


日本理化学工業株式会社

~社員の7割が障がい者の会社~

http://www.rikagaku.co.jp/

 

 

 

従業員約50人のうち7割が知的障害を

もった方々で占められている会社です。

 

1937年に設立された『日本理化学工業株式会社』は

主にダストレスチョーク(粉が飛ばないチョーク)を

製造しており、50年ほど前から

障害者の雇用を行っています。

 

そもそものはじまりは、近くにある養護学校の

女性の先生の訪問でした。

 

先生

『私は養護学校の教論をやっている者です。

むずかしいことはわかっておりますが、

今度卒業予定の子ども二人を、ぜひあなたの会社で

採用していただけないのでしょうか?

大きな会社で障害者雇用の

枠を設けているところもあると

聞いていますが、ぜひこちらにお願いしたいのです。』

 

社長である大山さん(当時は専務)は悩みに悩みました。

 

その子を雇うのであれば、

その一生を幸せにしてあげないといけない。

しかし今のこの会社に、

それだけのことができる自信はなかった。

 

大山さん

『気持ちはわかりますが、うちでは無理です。

申し訳ございませんが・・・』

 

しかし、その先生は諦めず何度も来ました。

 

三度目の訪問のとき、大山さんを悩ませ、

苦しめてることにその先生は耐えられなくなり、

ついにあきらめたそうです。

 

しかしそのとき、

『せめてお願いを一つ』

っとこんな申しを出したそうです。

 

『大山さん、もう採用してくれとはお願いしません。

せめてあの子たちに働く体験だけでも

させてくれませんか?

 

そうでないとこの子たちは、働く喜び、働く幸せを

知らないまま施設で死ぬまで暮らすこと

になってしまいます。

 

私たち健常者よりは、平均的にはるかに

寿命が短いです。

 

頭を地面にこすりつけるように

お願いしている先生の姿に、

大山さんは心を打たれました。

 

『一週間だけ』ということで、障害をもつ二人の少女を

就業体験をさせてあげることになったのです。

 

【私たちが面倒をみますから】

 

就業体験を喜んだのは子どもたちだけではなく、

先生方やご父兄たちまでも喜んだそうです。

 

会社は8時から17時まで。

しかし、その子たちは雨の日も風の強い日も、

毎日朝の7時に玄関に来ていたそうです。

 

お父さん、お母さん、さらには心配して先生まで

一緒に送って来たといいます。

 

親御さんは夕方3時くらいに心配して

遠くから見守っていたそうです。

 

そして一週間が過ぎ、就業体験が終わろうとしている

前日のことです。

 

『お話があります』と、十数人の社員全員が

大山さんを取り囲みました。

 

『あの子たち、就業体験が終わってしまいます。

どうか、大山さん、来年の四月一日から、

あの子たちを正規の社員として採用してください。

もし、あの子たちにできないことがあるなら、

私たちがみんなでカバーします。

だから、どうか採用してください。』

 

社員みんなが心を動かすほど、

その子たちは朝から終業時間まで、

何しろ一生懸命働いていたのです。

 

仕事は簡単なラベル貼りでしたが、十時の休み時間、

お昼休み、三時の休み時間にも、仕事に没頭して、

手を休めようとしません。

 

毎日背中を叩いて、『もう、お昼休みだよ』

『もう今日は終わりだよ』と言われるまで

一心不乱だったそうです。

 

本当に幸せそうな顔をして

、一生懸命仕事をしていたそうです。

 

【誰でも何かの役に立ちたい】

 

大山さんは思った。

 

会社で毎日働くより施設でゆっくりと

のんびり暮らした方が幸せなのではないのか?っと。

 

そこでお坊さんにその疑問を尋ねてみたら。

『そんなことは当たり前でしょう。幸福とは、

①人に愛されること、②人にほめられること、

③人の役に立つこと、④人に必要とされることです。

そのうちの②から④は施設では得られないでしょう。

三つの幸福は働くことによって得られるのです。

真の幸せは働くことです。』

 

働く多くの人たちも忘れていることかもしれません。

それを障害者の方によって教えられたのです。

 

 

健常者も障がい者と共に働くことで

生き生きと自信に満ちた顔をしています。

何故なら

『自分も社会に貢献しているんだという想い、

自分も弱者の役に立っている、

社会の役に立っているという自負が、

社員のモチベーションを高めているのです

 

 

 

大山さんは『その子を雇うのであれば、

その一生を幸せにしてあげないといけない。』

っとリーダーとしての素晴らしいあり方と責任感。

 

そんな大山さんはだから社員は

『あの子たちを正社員にして欲しい。

できないところはみんなでカバーしますから』

っと言える素晴らしい心の持ち主の社員が

育ったんだと思います。

 

そんな社員だからこそ環境に

優しい商品を出しています。

 

社員の7割が障がい者の会社で障害者に給料を

ちゃんと出しているのに黒字でいれる。

 

そんな会社は日本でも世界でも

とても少ない世界に誇れる会社です。

 

私たちはこんな素晴らしい会社を大事に

したいから応援をしたいですね♪ヾ(@^▽^@)ノ

 

 

日本理化学工業株式会社

~社員の7割が障がい者の会社~

http://www.rikagaku.co.jp/

 

 

1%運動

~お金の流れが変われば世界が変わる~

http://1percentmovement.jimdo.com/