「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」人生を変えた手紙 代筆屋の物語 / 中島泰成


何時も支えて頂きありがとうございます。
『ベイビーステップ』の熊澤です。


 

今回は日テレ「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」を
紹介したいと思います。


 

この番組で出て来るストーリーは素敵な事を成し遂げた
感動ストーリーです。


 

そこから学ぶ事が多くあり、
見てくれた人の人生に役に立てたらと想いと
素晴らしい番組が続いてもらいたい想いで書かいています。




【心ゆさぶるトゥルーストーリー】

 

 
最近、手紙、書いてます?


ラブレターから謝罪文まで

相手の気持ちになって言葉を綴る、代筆…。

中島泰成さんは、プロの代筆屋です。
一通の手紙が人生を変えるコトだってある。
でも、一番変わったのは本人かも。

 

本気の想いに触れた時、人は変われる。

不思議な仕事の舞台裏!

 

教えてあげる☆(*^▽^*)

 

 

創めたのは2007年の京都です。

 

とはいえ、こんな怪しげな商売

本当に依頼が来るのか!?(・_・;)

 

しかも、料金は5万円です・・・

 

しばらくすると、電話がなり出てみると、

 

女性

『代筆をお願いしたいんですが』

 

中島さん

『ありがとうございます♪』(≧▽≦)

 

すると彼女は言いました。

『10年前に別れた彼ともう一度やりなおしたい』っと

 

エピソードを聞き、彼女になり切って書きました。

 

文名は後で直筆にするのがルールです。

 

彼女

『本当にありがとうございます。

こんなに素敵な文章にしていただいて。』

っと、ところが・・・・

 

続く言葉は意外でした。

 

『これでやっと気持ちの整理がつきました。』

 017439_li

え!( ̄□ ̄;)!!

 

気持ちの整理!?

 

彼女が求めたのは

彼への未練の気持ちを断ち切る事!

 

心の区切りだったのです。

 

気がつかなかった・・(  ゚ ▽ ゚ 😉

 

依頼人の心の奥に

こんな想いが潜んでいるとは。。。

 

切っ掛けは『代筆屋』といゆ小説でした。

 011007_li

勤め人は煩わしい!

 

だから、行政書士になったのに

仕事は全く来なく・・・

 

わらにもすがる思いで創めたのですが。

 

昔から嫌われないように相手の気持ちを察するのが

得意でした。

 

その後、依頼は月に2,3件

 

姉妹の罵り合い。

 

姉妹の手紙には『本当は悲しい』をのせました。

 

謝罪への手紙にはお詫びだけでなく、

『残念』って心を入れ込み

一歩踏み込んで言葉にしました。

 

でも本業はさっぱり・・・。(´д`lll)

 

こんな仕事いつまで続けるんだ!!

 

 

そんなある日。

 

親子ほど離れた年下の女性に手紙でプロポーズしたい。

 

そんな依頼!

 

しかし、この話には裏があったんです。

 

彼女がねだるのはバックからマンションまで。。

 

どう考えてもカモだ!!\(*`∧´)/

 

自分もかつて大金を貢いだあげく

騙されそれっきり。。。。

 

いくら遠まわしに言っても。

 

おっちゃん

『心から愛してるんです、

二度と会わないと思うんです。』

 

な、なんだろう。。

 

この一途さ。。。

 

中年で見た目も不細工。。。

 

そんなことは百も承知だと!

 

でも、おっちゃん

『ダメでも想いを

ぶつけたいんです!!』

 

胸が震えました!!

(((゜д゜;)))

 

この人の真直ぐな想いに比べたら。。

 

俺なんて気持ちを察するなんて言ってたけど

顔色を窺っていただけ。。

 

 

本当の自分を見せるのが怖かった。。。。

 

だから、彼女も居なければ

友達も出来ない。。。(x_x;)

 

見っともない自分をさらけ出して

変わるべきなのは俺じゃないのか!?

 

中島さん

『書きましょう!』

ヽ(`Д´)ノ
【化学反応】

 

溢れる恋心そのまま出さなければと文章にしました。

 

これほど純粋に、人を好きになれるとは

思いませんでした。

 

年齢もずっと上で、見た目もかっこ悪いけど、

あなたを支えていきたい。

 

最後に

ありがとう、

人を好きになる喜びを思い出させてくれて。

 kibou

その言葉は大事なことを教えてくれた

おっちゃんへの感謝の言葉でした。

 

おっちゃん

『あなたに依頼して本当に良かった』

(≧▽≦)

 

恋の行方は聞いていません。

 

でも、きっとおっちゃんに悔いは残らなかったはず!

 

そう信じたい!!:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

これが大きな転機でした。

 

友達も恋人もいなかった自分に

好きな人ができっちゃったんです☆

 

弱いところもダメなところも

さらけ出して結婚まで。

 

いらい中島さんの日々は一遍しました。

 

失敗談や過去の挫折をホームページに出すと。

行政書士の仕事もみるみる増えていったんです。

 

 

人は変われる!



そのスイッチに気がつくことが

大事ですね☆

 

そんなお話☆
(≧▽≦)


 

 

 

人は変われるっと知っているか!?

って凄く大事です。

 

人は変わらないと想っていたら変わる事は出来ない!

 

そして、自分を出す事も大切ですね♪

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 



 

 

ゲストの言葉
『諦める=明らかに極める』
岸谷五郎


※逆に言うと明らかに極めてなければ諦めてはいけないと僕は思い。『あ!俺は諦めようと思っている~じゃあ俺はそれに明らかに極めたんだな?』っと自分に問いかけると『いや、まだ極めてないから諦めちゃいけない』。

 

『真面目に不真面目』

風間俊介

※自分に務めてゆとりだったり、遊びの部分を捨てないようにしている。