「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」着ぐるみレボリューション / 加納ひろみ


何時も支えて頂きありがとうございます。
『ベイビーステップ』の熊澤です。


 

今回は日テレ「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」を
紹介したいと思います。


 

この番組で出て来るストーリーは素敵な事を成し遂げた
感動ストーリーです。


 

そこから学ぶ事が多くあり、
見てくれた人の人生に役に立てたらと想いと
素晴らしい番組が続いてもらいたい想いで書かいています。


 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【心ゆさぶるトゥルーストーリー】

 

スティーブ・ジョブズは偉大でした☆

 

日本を席巻している「ゆるキャラ」!
あの「くまモン」をはじめ、1500種類を越える


着ぐるみの制作を手がけてきたのが、

加納ひろみさんの工房です。

でも最初の評判はブキミ~、怖~い、と、

誰も近寄らなかった着ぐるみが

愛されるようになった秘密。

教えてあげる☆(*^▽^*)



 

 

2009年 宮崎  

そもそもは恐竜やジオラマを

つくるのが会社の仕事でした。

 

思い切ったのが2009年!

 

加納さんが社員全員に

『今日からうちは着ぐるみ一本にします!』

 

社員

『え~』(・_・;)

 

従来の仕事は無くなる一方・・・・

 

わずかながら発注があった着ぐるみに

活路を求めたのです。

 

憧れのジョブズさんいわく

『他人と同じ人生を

   生きている場合じゃない』

 

先ずは着ぐるみの中に入っている

人の意見から集めました。

 

熱くて重い!

 

そう聞いて小型扇風機を付けて

素材には超軽量のウレタンを使ったんです。

 

ところが。。

 

着心地が良くっても。。

いざ動き出すと。。。

眠気から覚めたフランケンシュタインみたい!!

(><;)

 

注文はさっぱりです。。。。

 

不気味になってしまう裏には

厳しい制約がありました。

 

注文のデザイン側

『デザインは絶対に変えないで下さい!

         魂がこもってますから!!』

 

魂って言われてもなぁ~( ̄Д ̄;;

 

デザイン側はほとんど正面からのワンポーズのみ。。

 

手を動かそうにも頭と体が大きすぎて邪魔をする。。。

 

そんなデザインなんです!(@Д@;

 

注文のデザイン側

『宜しくお願いします!』

 

どうすればいいんだろう・・・・

 

条件を守りながらも答えを出す!

 

着ぐるみ革命のスタートです!!

 

 

動くと不気味になってしまう着ぐるみ。。

 

困り果てていた頃。。。。

 

地元の宮崎県庁から注文が舞い込みました☆

 

宮崎県庁

『県民のみなさんから集めた物ですから

デザインだけは絶対に変えないでくださいね!』

 



 

頭デカ!!(´Д`;)

 

これじゃ重くて首も振れませんよ!!

っと指摘したものの。。

 

宮崎県庁

『これは県民の方のデザインですから

       そこだけは譲れないんです!』

 

デザインが重要なのはわかるけど・・でも・・・

 

ジョブズいわく

『人は型にして

 見せてもらうまで

  自分が何が欲しいのか

        分からないのだ』

 

そうだ!( ̄□ ̄;)!!





とにかく形にしてみよう!!

 

 

 

【化学反応】

 

 

目指すしたのはデザインは変えずに

自然に動ける生き生きした着ぐるみ☆

 

デザインは設計図ではない

発想を根本から変えよう!

 

そうだ!!( ̄□ ̄;)!!

 

デザイン側は正面からのワンポーズ。

だったら正面だけはいじらず

そこ以外で工夫すれば良い!!!

 

重い頭を首で動かくのはとても無理!

 

そこで内部のつくりを変えました。

 

着ぐるみの首の位置を人の肩まで

下げる事で頭を支えて動かせる☆

 

変わったのは側面の形だけ!!

 

デザインは変わってません!!!

 

腕も自由に動かせるようになりました。

 

市販のスニーカーが当たり前だった足先も

着る人に合わせて赤字覚悟で手つくり!

 

飛んだり跳ねたり自由になりました☆

 

試作品20体以上!(x_x;)

 

なんども気持ちが折れそうになりました!!

 

しかし、胸にはいつもジョブズさんの言葉

『私達がやらないと誰もやらない!

だから私はここに居る!!』

 

 

いよいよお披露目の日!

 

ジョブズさんだって同じような緊張を味わったはず!!





頑張って私の子ども達!!!

 

出てきた着ぐるみは自由自在に

いろんなポーズを披露しました。

 

宮崎県庁

『もとのデザインより更に

カワイイじゃないか☆』

 

デザインを守るだけじゃない!

新たなる着ぐるみの魅力が

認められた瞬間です☆

 

加納さんの工房が制作したゆるキャラ

宮崎県の着ぐるみは

2013年8月、2014年1月

ゆるキャラダンス選手権連覇!!!

 

デザインを守りながらもアクティブに

 

その技術が信頼を呼び今は年間250体の

着ぐるみ製作に追われています☆

 

もちろん!

悩んだらジョブズに聞け!!

ですよ☆

 

そんなお話☆
(≧▽≦)


 

 

 

 

実績のある人の言葉は重要ですね☆

現実を創って周りに影響を与えた

人の言葉には深みがあるから

それを信じて諦めずに考え抜く事の大切さを

教えてくれました♪:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

 

 

ゲストの言葉
『遅すぎる挑戦などない』
ロードレーサー・新城幸也


※皆はだいたい10歳からロードバイクに乗り出して

ブームになってる選手もいるんです。

僕は18歳からやり始めて7年後に世界最高の試合で

優勝したんです。

だから、東京オリンピックに今から目指しても遅くない。

 

 

 

『あなたは人の上に

     立ちたがるオタク』

オリラジ中田敦彦

※周りにあなたのキャラは何?と言われ考えてたら

奥さんに言われた言葉でなんかすーっと入ってきて

『それはそれでいじらればいいのでは!?』

と奥さんに言ってもらえた。