「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」鉄人ライフセーバー 波乱の人生 / 本間錦一


何時も支えて頂きありがとうございます。
『ベイビーステップ』の熊澤です。


 

今回は日テレ「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」を
紹介したいと思います。


 

この番組で出て来るストーリーは素敵な事を成し遂げた
感動ストーリーです。


 

そこから学ぶ事が多くあり、
見てくれた人の人生に役に立てたらと想いと
素晴らしい番組が続いてもらいたい想いで書かいています。




【心ゆさぶるトゥルーストーリー】

 

トコトンやるって凄いです!

 

新潟、瀬波海岸に伝説、最強のライフセーバーが

いる…って、…おじいちゃん?

 

本間錦一(ほんま・きんいち)さんは御年86歳。
現役では、もちろん日本最高齢です。


 

鉄人ライフ・セーバーは、いかにして誕生したか…
人の命を守りたい、その一心で


貫き通した波乱の人生!

教えてあげる☆(*^▽^*)

 

 

毎年春には自分で自分の体力検定をしいます。

 

クリアしなければ引退!(`・ω・´)

 

家から海岸まで4.5㎞を自転車で

15分以内に走り切れるか!





30m先のテトラポッドまで潜水でたどり着けるか!





自転車の後ろのりはバランス感覚のトレーニング!

 

なんでそこまでするのか!?って

 

 

昭和23年

 

話は66年前にさかのばります。

 

家に居たら人が駆け込んできて

『大変だ!本間さん、川で人がおぼれた!!』

(><;)

 

おぼれた子どもを助けようとして

川を飛び込んだ青年も行方不明!

 

捜索を頼まれたんです!!

 

 

当時21歳

 

『越後の河童』と呼ばれた素潜りの名人でした☆

 

でも。。。

 

青年の許嫁

『どうして!?どうしてもっと

早く助けてくれなかったの!?』。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 

青年には許嫁がいました。

 

結婚式を一週間後に控えていたんです。。

 

救急医療を勉強しても呼ばれた時には手遅れ!

 

手にこびれ着いた命の感触。。。(><;)

 

 

昭和49年

それから26年、レジャーブームの到来で

地元瀬波海岸も大変な賑わいをみせました☆

000031_li

 

ところが!っです。。。

 

監視員が居たのに一週間に15人もの

犠牲者が。。。( ̄□ ̄;)!!

 

ダン!っと机を叩き!!


本間さん

『こんな監視員に任せていられない!』

\(*`∧´)/

 

勤め先の許しをもらい。

 

夏の間だけ海に立とうと決めたのが48歳でした!

 

でも、監視員達は黙ってはいなかったんです!!

 

監視員達は市役所職員に資格もない本間に

なぜやらせるのか!っと猛反発!!ヽ(`Д´)ノ

 

本間さん

『資格ってなんだ!?

お前ら何言っているんだ!!』

(`Δ´)

 

監視員達

『なんだとこの野郎!』

 

 

 

 

連中は勘違いしている!( ̄Д ̄;;

 

海難事故でモノをいうのは瞬発力だ!





持久力を付けても意味はない!!

 

そう助言しても無視!!

 

だから、一人で黙々と肉体を鍛錬し

救急医療の専門知識を学びました。

 

潮の流れと海の変化を

観察し頭に叩き込んだのです!

 

いつも胸の奥でこだまする声がありました!!

 

『どうして、もっと早く

   助けてくれなかったの!?』

 

今度こそ絶対に命を守る!!!(`・ω・´)

000339_li

 

【化学反応】

 

 

孤独の奮闘が数年過ぎた夏の事。

 

海岸で

『お、男が波に流された!』

 

おぼれた男性の彼女

『早く、早く助けて下さ!』

 

なのに監視員達は動揺するばかり。。。

(((( ;°Д°))))

 

潮の流れは知り尽くしています!

 

風上から回り込めれば。。まだ間に合う!!(`・ω・´)

っと海に飛び込む。

 

わずか数秒の差が。。生死を分ける!!!

 

男性を浜辺に運び命を吹き返した☆

 

おぼれた男性の彼女

『ありがとうございます。。。』。゚(T^T)゚。

っと泣きながら、なんべんもお礼を言ってくれた。





その姿があの時の助けられなかった

青年の許嫁の姿に見えた。。(‐^▽^‐)

 

胸から込み上げる想い!

 

この感触。。俺の生きる道!!

(`・ω・´)

 

こうして市役所から監視体制の全てを

任されました☆

 

本間さんが海に立ってから39年間

まったく事故がありません!

 

そして、87歳になるこの夏もまた。。

 

なぜそこまでするのか!?

 

本間さん

『やはり継続は力なりということで

私はその信念に燃えていますので。。はい(笑)』

 

これが昭和生まれの日本男児!!


 

そんなお話☆
(≧▽≦)


 

 

 

 

 

 

日本には素晴らしい人達が沢山いる☆

 

資格も大事だが現状を理解して

臨機応変に対応する事が大事!

 

資格だけに頼ってはいけないですね♪

 

昭和生まれの日本男児の使命を持って

やり続ける事の素晴らしさ♪

 

そんな多くの事を教えてくれました☆

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

ゲストの言葉
『チャンピオンって

   たった一人しかなれないよ』
陣内貴美子(バトミントン)

※高校に入る時に監督から言われて、だったらそういう練習をしなきゃいけない、そういう生活をしなきゃいけないって言葉が凄くあって。

それがずーっと残っている。(みんなと同じではダメ)



 

 

『自分を過少評価するな』

潮田玲子(バトミントン)


※オリンピックを目指すのが遅かった。自分はそこまでの選手じゃないと思っていて言われた。それってなかなか難しくって。。でも世界で戦っていくと自信がないと絶対勝てないんです。

自信がある人は物事をハッキリ言えたりとか、自分の中が輝いて見える。それって凄く大事だなと思って。

自分をちゃんと認めてあげようと想えた。