「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」ボクらの街の図書館改革ものがたり / 小林隆志


何時も支えて頂きありがとうございます。
『ベイビーステップ』の熊澤です。


 

今回は日テレ「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」を
紹介したいと思います。


 

この番組で出て来るストーリーは素敵な事を成し遂げた
感動ストーリーです。


 

そこから学ぶ事が多くあり、
見てくれた人の人生に役に立てたらと想いと
素晴らしい番組が続いてもらいたいと想いで書かいています。




 

【心ゆさぶるトゥルーストーリー】


 

スイッチ一つで何かが変わります!

 

 

人口が最も少ない鳥取県の図書館に、いま、

全国から関係者が視察に訪れるほど注目が集まっている。

かつて昼寝スポットと揶揄されていた、

図書館を改革したのは一人の司書、小林隆志(たかし)さん。

その秘策は…なんと「悩み相談」だったんです!?

 

図書館らしくない図書館誕生の物語
教えてあげる☆(*^▽^*)

 

 

 

 

それまでトント縁の無かった図書館に

33歳で移動になりました。。。

 

だけど愕然。。( ̄□ ̄;)

 

地方財政の悪化で予算は削られ

図書館の必要性が問われていたんです!

 

司書の人達もなんだかやる気がないみたいだし。。

まいったな~( ̄ー ̄;

 

会議で打ち出された方針は

『働く人へのサービス拡大』でした。。

 

税金を沢山払ってくれる働く大人に

図書館の価値をアピールする作戦です。

 

でも同僚はビジネス本を集めたコーナーを

作っただけで満足。。。

 

は~意味あるのかなこんなの~!(´Д`;)

 

 

考えてみれは~自分自身ビジネスマンの現実を

知らずに来ていました。

 

だから、中小企業向けの勉強会を覗いてみたんです。

 

そこで!



衝撃を受けました!!( ̄□ ̄;)!!

 

仕事帰りの夜、誰もが真剣な眼差しで

勉強会に臨んでいる!!!





長引く不況で鳥取から撤退していく大企業の中

みんな必死で明日を模索してました!!!!

 

 

そして閃いたんです☆ヾ(@°▽°@)ノ

 

それはいったい!?

 

同僚

『なにやっているんですか?』

 

小林さん

『あ、出前。。出来ないかなと思いまして』

(^▽^;)

 

 

図書館で働く小林さんが考えたのは

ビジネスマンが集まる勉強会に

テーマに関係する本を持ち込むというもの。

 

上司に掛け合って許可をもらい

その場で貸し出せる準備もして!

 

上手くいくかは正直ドキドキ。。。

(;´▽`A“

 

 

勉強会が終わった後

 

小林さん

『お疲れ様です。出前図書館です。』

 

 

この試み。。なかなか好評だったんです☆

 

『もっと詳しい本は図書館にありますから』っと

宣伝もして♪

 

やった~☆(≧▽≦)


 

 

 

出前図書館を続けて半年が過ぎた頃

 

一人の男性に出会いました。

 



『あのう。。』

 

何でも起業を目指すセミナーに出て3年目。

 

自分の商品化する手立てが

分からず悩んでいて。。

 

入り口のシャッターを台風や強風から

守るものなんですけど。。。(^▽^;)

 

あるのは簡単な設計図だけ。。

 

困りました。。。(゜д゜;)

 

アドバイスする知識もないし。。。。

 

図書館に戻って同僚の人達にてんまつを話してみると

 

意外な声が!

 

A同僚

『あの~ちょっと良いですか!?

確か気象庁の資料の中に全国の台風の

データが在ったよ!』

 

え!( ̄□ ̄;)

 

B同僚

『強風に負けない金属加工の

研究論文は地下にあったはず!』

 

え!!( ̄□ ̄;)!!

 

C同僚

『ここの図書館にないけど、

東京にシャッターの動向調査があったはず』

 

とみんなが探し出しました!

 

 

ヤル気なしかと思っていたけど

なんだかスイッチが入っちゃって。。

 

 

とにかく、みんなの博識(はくしき)で

驚かされました!!\(゜□゜)/

 

 

瞬く間に関連図書が集まったんです!!!

 

小林さん

『みなさん。。これは凄い力になりますよ!』

 

これが図書館司書が持つ本来の力!!!!

 

 

 

それからシャッターを守る道具を

いかに実現化させるか!

 

図書館中の本を提供するのはもちろんのこと!?

 

東京にしかないデータは国会図書館に行って

かき集めました!

 

独自にグラフにまとめて渡したり。

 

大学の研究論文を探し出すと

 



『なるほど。。役に立ちます☆』

 

 

 

 

・・・それから一年後

 

 

企画が商品化され、新たな防災グッズとして

数々の賞を受賞したのです☆





『やった☆本当にありがとうございます。。』

ヾ(@^▽^@)ノ

 

図書館の人達

『いや~我々はただ、悩みの一つひとつに

答えただけですから。。

(*^▽^*)


 

こうして私たちは気づかされたんです☆

 

図書館には巨大な知識が集まっている!

 

だから、司書たちの資料を探し出す力を

使えばたいがいの悩みに応えられるって♪

 

 

 

 
【化学反応】

 

 

これこそ図書館活性化の道☆





『暮らしの困りごと解決ナビ』

 

例えば離婚の相談には実用書だけではなく

メンタルケアの為の本や絵本も添えて♪





ペットの悩みには飼い主の心を癒やす

本などもお勧めしちゃいます♪





悩み相談から始まり。。

遂には事業や研究所への橋渡しもするなど♪

 

図書館がいつしか人々をつなぐ

町のプラットホームとなり

『ライブラリー・オブ・ザ・イヤー』

にも選ばれました☆

 

トコトン役に立つ図書館♪

 

そんなお話☆
(≧▽≦)


 

 

 

 

 

 

形にハマらずに相手の為に

トコトン考え、考え抜く事の大切さ♪

 

そして、ちゃんと相手を見る事♪

 

それが図書館の可能性を広げた事につながる☆

 

長年やっていれば何かしらの能力が身に着く

それを活かす事って大切ですね☆

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

 

 

ゲストの言葉
『気迫』
遠藤和博(ドックトレーナー)

※トレーナーとして『気迫』が大事で犬に教える強い気持ちでこの20年間やって来ました。

 



 

 

『‘大丈夫大丈夫’って言ってごらん』

奈美悦子 (女優)

※昔おじいちゃんに教えてもらった言葉で

辛い時などに言うとふっと楽になるよと教えてくれた。

それから守っていて、言うと心がスーと落ち着くんです。

だから、この言葉は凄く好きです。